芸能

三浦春馬さん 手紙の書き方も「粋」改めて若いのに凄い人と感心 

三浦春馬さんの手紙の書き方がSNSで話題になっています。

日本のことを勉強していた春馬くんは、お手紙の書き方も「粋」なんです。
あくまで想像ですが、古来お手紙には句読点をつけない風習があることを知っていたんじゃないかと。
筆まめな男性って素敵です!

慶事や年賀状・賞状などには、句点・読点をつけないという昔からの慣わしがあります。
それは、文章を「区切る」ことで「縁を切る・終わらせる」ということにつながるからです。
書に関わる仕事の為ある程度は知っていましたが、実際に賞状以外で気に留めていたかと言えば、恥ずかしながらそうでもなく。
今回、春馬くんのいくつかのお手紙を見て、句読点が少ないと思いました。
きっと勉強家の春馬くんのこと。早くにそういう知識もあっての直筆お手紙なのだろう
と、改めて若いのに凄い人だなと感心させられました。

たしかに春馬くんが書く文字ってしなやかで美しいし、親しい方やお世話になった方へ手書きのお手紙を送ったりして。
そういう細やかな気配りができる人柄がとても素敵。
誰もができそうでできないことを自然とできてしまうところが素敵

春馬くんの事を知れば知るほど、もっともっと彼に惹かれていく…
やっぱりあなたは人間として素晴らしい、改めて尊敬します。
やっぱり、三浦春馬こそが真の日本人だと思う。