芸能

三浦春馬さん 週刊新潮 一歩も引かず…「A社と闘うつもりがあるのであれば、是非時系列のことも切り込んで下さい」

11日に配信された「デイリー新潮」(新潮社)にて、昨年7月18日に急逝し間もなく死後半年となる俳優の三浦春馬さんに関する生前のエピソードがいくつか綴られています。

2017年の三浦春馬さんの留学についてもあらためて触れており、「半年ほど留学予定だったものの、当時アミューズに所属していた小出恵介さんの謹慎処分により、事務所が代役のために三浦春馬さんを3ヶ月ほどの留学で切り上げさせた」という旨の記事です。

一方で、この件についてアミューズ事務所は、 昨年12月24日に、「故人とご遺族の尊厳を傷つけるような記事が掲載されていることについて、当社としては強く抗議いたします」

「三浦春馬が、もともと出演が予定されていた他の俳優の代役としてドラマに出演するために、留学を取り止めて帰国した、と報じられておりますが、そのような事実は一切ありません。記事にあるドラマは企画立案時より三浦春馬を主演に企画されており、このような虚偽の報道は故人の名誉を傷つけるだけでなく、ドラマを制作してくださったスタッフの皆さんをも侮辱する行為であり、強い憤りを感じております」と発表しています。

これに対し新潮社は『記事に書いたことが全てです』『内容は真実と確信しております』などと反論していました。

あらためて、新潮社がアミューズに対して一歩も譲らない姿勢であることが顕著となったと言えるでしょう。

新潮社が本当にアミューズ事務所と闘うつもりがあるのであれば、是非時系列のことも切り込んで下さい。