芸能

三浦春馬さん NHK紅白、JUJUさんへ気遣い 紅白「本当に聴きたい歌手」ベスト100で三浦春馬さんが51位

2020年の大晦日に放送された『第71回 NHK紅白歌合戦』(NHK)。華やかな表舞台の裏では、様々な面で“激動の年”となった一年を締めくくるために動いていたNHKの対応が見て取れた。

昨年の『紅白』は、平均視聴率40.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。史上初となった無観客での開催や、これまで番組の目玉だったアイドルグループ・嵐の出番についてなど、心配されることが多かったが、今回の『紅白』には世間の評判も上々だったようだ。

1月7日発売の「週刊新潮」(新潮社)は「『紅白歌合戦』テレビには映らなかった悲喜劇」と題した記事を掲載。

『紅白』リハーサル時の取材記者に対し「JUJUさんには番組で共演していた三浦春馬さんについての質問がNG」だったと、知られざるNHKの対応が語られた。

『紅白』への初出場が決まった際、「せかほしファミリーのことを思いながら、皆さんのことを思い浮かべながら歌いたいと思います」と話していたJUJUさん。前に踏み出したようにも見えるが、未だ胸の中には悲しみを抱えたままであろう彼女を守ったことは、NHKの正しい判断だったように思えます。

心のどこかで春馬さんが何処かで見れるかもと…淡い期待を抱いて視聴してました。

結果、残念でしたが、今はこれで良かったんだと思います。

春馬さんファンは、JUJUさんの歌が染みたのではないでしょうか。

本当は大河の主役が決まって、紅白にも出場して欲しかった。

また、紅白「本当に聴きたい歌手」ベスト100で名だたる歌手を抑えて三浦春馬さんが、51位にランクインしています。

せめて、生きているうちに大河の主役関係なく、”せかほし”でもNHKに貢献していたわけですし、紅白出れなかったのかなぁとそんなことを思いました。