芸能

三浦春馬さんの剣術先生 楠見彰太郎さんの愛を感じるツイート「だから、今は安心して、ゆっくり休め、愛弟子よ」 

楠見彰太郎さんは、三浦春馬さんが“師”と仰ぐ、俳優で抜刀術宗家の剣術の先生。せかほし後任MCの鈴木亮平さんと共に通っていた。

楠見さんは春馬さんが亡くなってすぐ、ワイドショー番組で三浦さんについて語った。

「ミュ-ジカル『キンキ-ブ-ツ』をやっている最中も、『師匠、稽古がしたい』と言うんです。ミュ-ジカルで主演ですよ。普通だったらそれでいっぱいなのに『やりたい』と言って。あれだけの美貌と実力と才能を持っているのですが、陰に隠れた努力が、人の5倍、10倍はあった」と話していました。

また、楠見さんの追悼のツイートが、すごく愛を感じるのでシェアします。

2018年7月13日 入門

2020年7月18日 旅立ち

彼は、春の嵐のように駆け抜けて行った。二年間という短くも深い時間を共有出来たこと、感謝しかない。

ありがとう。また、いつかな、春馬。

春馬が今月10日、最後にくれたメッセージ『アミューズの若き宝をよろしくお願いします』の言葉

しっかり受け止めて、貴方の後輩が『青天を衝け』を全う出来るよう最大限に手助けします。

だから、今は安心して、ゆっくり休め、愛弟子よ

皆さまからの温かいメッセージを拝読し、やっと春馬の死を実感しはじめ、朝から涙が止まりません。

二人で交わした約束、まだまだやってない
船に乗る カヌーに乗る バイクツーリングに行く、そして、僕は亮平さんと一緒に師匠を…の思い…

私に話してくれた理想の結婚生活。どんどん思い出してくる。

その後も、事あるごとに春馬くん関連のニュース(せかほし、太陽の子、俳優仲間たちのSNS)などをリツイートされていて愛を感じます。